上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
2012年7月7日(日)

どうしてもどうしても行きたくて

大山 に行ってきました!

下調べしたときに、「ひとり登山はやめてください」って書いてあったから一度は断念。。

でも、友達の「週末のメジャーな山なら一人でも大丈夫だよ」の言葉を励みに

ひとり登山敢行~! 

天気悪いけどおかまいな~し!

【コース】

伊勢原駅9:25発ー(バス30分)ー大山ケーブル下車ー(徒歩10分)ー大山ケーブル駅10:25発
ー(ケーブルカー6分)-阿夫利神社駅ー(徒歩5分)-阿夫利神社10:40発ー(徒歩1時間45分)
ー大山山頂12:25着ー(休憩50分)-13:15発ー(徒歩1時間)-見晴台14:15着ー
(休憩15分)-14:30発ー(徒歩20分)-二重滝14:53-(徒歩10分)ー阿夫利神社
15:00頃ー(茶屋で休憩20分)-15:20発ー(女坂で40分)-大山ケーブルバス停16:02発ー(バス30分)-伊勢原駅16:30着


IMG_3029_convert_20120717171542.jpg
ケーブルカー乗り場まで続く「こま参道」

大山は「大山こま」「大山豆腐」が有名♪

両脇におみやげやさんや豆腐料理のお店が連なってます

こま参道の石段を登っていくあいだにすでに息が切れてる


IMG_3030_convert_20120717171737.jpg
これから登らせてもらいますよ~

IMG_3035_convert_20120717171823.jpg
ケーブルカーからの眺め。今日の天気はガスってまーす。

かろうじて雨は降ってない^^

IMG_3036_convert_20120717171855.jpg
く・・くまぁ!?

お願いですから出てこないでください!!

IMG_3038_convert_20120717171958.jpg
ケーブルカー降りたら 阿夫利神社下社まで急な石段を登ります

IMG_3039_convert_20120717172042.jpg
阿夫利神社下社

「下」ってことは「上」がある~

本社は大山山頂です♪  雨乞い信仰で有名な神社です。

IMG_3041_convert_20120717172120.jpg
この鳥居をくぐると急な石段から始まる表参道。

IMG_3043_convert_20120717172425.jpg
ゴロゴロの石段や木の階段をひたする登る~

1丁目から28丁目までの石碑がたってる

まだまだ先は長い・・

IMG_3049_convert_20120717172542.jpg
苔むした大樹がどーんとかまえてる

IMG_3051_convert_20120717172707.jpg
えっちら おっちら どっこいしょ

IMG_3052_convert_20120717172742.jpg
なんだかモノクロームの世界だあ

IMG_3058_convert_20120717172849.jpg
天狗の鼻つき岩

天狗が鼻を突いてあいた穴らしい

IMG_3063_convert_20120717173026.jpg
富士見台

富士山がきれいに見える場所♪

IMG_3064_convert_20120717173059.jpg
なんも見えーん

IMG_3075_convert_20120717173637.jpg
大山山頂まであと200m!

「ガンバレ!!」の看板に励まされ・・・

IMG_3079_convert_20120717173814.jpg
あの鳥居をくぐれば頂上!・・・・のはず~

IMG_3083_convert_20120717174043.jpg
やった~! ついに山頂です~

うしろに見えるのは「雨降木」

大山のシンボルだそうです。 あとで知った!

で、阿夫利神社本社ですが、、あまりに質素にたってたので気づかず。。

あとで思い返して、あ~そういえばあったな・・って

補強工事もしてたような? なので写真はないです。


IMG_3081_convert_20120717173934.jpg
ふりむけば横浜~♪  って、誰の歌だっけ・・?

IMG_3082_convert_20120717174013.jpg
やっぱり見えーーん





でも・・



景色見えない代わりにうれしい出会いが♪





IMG_3090_convert_20120717174348.jpg
野生のシカさんに会っちゃった♪

こんなに近くても逃げないんだよ。


IMG_3093_convert_20120717174422.jpg
子鹿も!!! あどけなくて So Cute!!

お父さんシカもいたのよ。

赤ちゃんがお母さんのおっぱい飲んでるシーンもあって 見てる人たちはほのぼの気分。


IMG_3098_convert_20120717174629.jpg
さて!下山開始です。

梅雨時の山も趣きがあっていいですね。幽山のような雰囲気。



IMG_3100_convert_20120717174709.jpg
クモのテントで雨をしのごうかな


IMG_3101_convert_20120718111342.jpg
こっちの方が木枝の下で濡れなさそう


IMG_3103_convert_20120717174852.jpg
やっと歩きやすいなだらかな道へ


IMG_3104_convert_20120717174927.jpg
ツノだせヤリだせあたま~出せ~♪

・・・・に見えませんか?


IMG_3106_convert_20120717175131.jpg
ムム・・・こんなところに・・・

IMG_3105_convert_20120717175007.jpg
南国の楽園が~

・・・・って見えませんか?^^;


IMG_3108_convert_20120717175225.jpg
大山がきれいに見える はず 「見晴台」

ここにも「熊注意!」の看板があった。 こわいよ~

山頂まではたくさんの人が行きかってたのに

この下山ルートではほとんど人に会わず、いつもは人で賑わってるはずの見晴台も閑散としてる

だから、よけいにこわいよ~

急いで下ろう。

IMG_3117_convert_20120717175314.jpg
二重滝

ここまでくればあと一息。

阿夫利神社下社までくると 茶店のおばちゃんが、「寄っていきなさいよ~」と声をかけてくれる。

暖かいお茶とお菓子でしばしの休憩。

一人で登ったの!?と、びっくりされてしまったぁ^^;

ヘンだったかな・・


IMG_3119_convert_20120717175454.jpg
帰りはケーブルカーに乗らずに「女坂」を歩いて下りる。

「男坂」は 急らしい。

IMG_3122_convert_20120717175525.jpg
途中で子どもたちの才能に出会い・・。

ハイ、次は紅葉を見に来ますです。

IMG_3127_convert_20120717175556.jpg
・・・おそれいりました!!


女坂もかなり急坂で、とてもじゃないけど登れないと思いました~

ケーブルカーで登ってよかった

IMG_3128_convert_20120717175627.jpg
最後は梅雨らしくあじさいで締めましょう。

IMG_3130_convert_20120717175708.jpg
ガクアジサイ。みずみずしいね。


IMG_3131_convert_20120717183912.jpg
そして今日もゲットした山バッジ♪  カラーだ~

このあと、ふともも&ふくらはぎがハンパなく筋肉痛で!

丸々5日間、階段を下りるのに苦労しました~

あと、この日は気温は低いのに湿気が多かったせいか

メチャメチャ汗かいた!

タオルが何枚あっても足りないくらい。

次からはお風呂にたちよって帰ろう♪


大山って、これで初心者のヤマなの???

だとしたら、私は永遠に初心者です~

スポンサーサイト
2012.07.18 / Top↑
町でうわさの天狗の子 1 (フラワーコミックスアルファ)町でうわさの天狗の子 1 (フラワーコミックスアルファ)
(2007/12/21)
岩本 ナオ

商品詳細を見る


高尾山に登った時に感じた!?天狗の気配。

このマンガを読んでたせいか、なぜか天狗がリアルに感じられるんです~


天狗のお父さんと人間のお母さんのあいだに産まれた、高校生の女の子のお話です。

女の子(秋姫)は里でお母さんと暮らしていて、天狗には絶対になりたくない!と思ってる。

ある日目が覚めたら天狗になってたらどうしよう・・と心配しながらも

友達や地域の人たちに暖かく見守られながら暮らしています。

天狗の素質は相当なもので、力持ち。空も飛べちゃう。でも修行してないから制御不能なんです。

おとうさん天狗の康徳様は、お山で町を守っています。娘を溺愛してて、嫌われるのを心から恐れてる

かわいいお父さんです。

登場するのは、わけあって赤ちゃんの時からお山で育ち、天狗修行中の次郎坊「瞬ちゃん」。 

三郎坊の狐。四郎坊の狸。他にもうさぎやいのしし、白蛇などなど「眷属」がたくさんでてきます。

他にも、その手で作るものは魂が宿ってしまう、友達のタケルくんとか。

タケルくんが作った鬼のお面に鬼が宿り、それを秋姫が不動明王を使ってやっつけるーー

なんてシーンもあります。

基本は学園ドラマです。

IMG_2950_convert_20120703100539.jpg

ね?

高尾山にはほんとに天狗がいるように思えてきたでしょ?






2012.07.17 / Top↑
2012年7月1日(日)

ただいま山登りおともだち探し中~♪

で!一人興味を示してくれた友達発見!!

彼女が高尾山に行ってみたい!!と言うので

ふたたび高尾山へ

行き 【高尾山口駅】ー稲荷山コースー【高尾山山頂】1時間30分
帰り 【高尾山山頂】ー1号路ー 【高尾山口駅】1時間10分

IMG_3006_convert_20120713104955.jpg
今回は、尾根道を歩く稲荷山コースで山頂をめざします。

お天気悪くて雨がポツポツ。気温は高くなくてGood!

初めてレインジャケットを着てみるのも、 なんかうれしい

だけど、雨はすぐやんで、あっついしで、あっというまに脱いじゃった

IMG_3007_convert_20120713105058.jpg
道は歩きやすくて、5月に来たときより人もずっと少ない。


IMG_3012_convert_20120713105402.jpg
5月には見られなかったガクアジサイにこんにちは~♪

IMG_3016_convert_20120713105439.jpg
この前は気づかなかったんだけど、『たこ杉』はほんとに『たこ』みたいな杉なんだねぃ。

汗だくになりながら登った山頂は、ガスッててなんにも見えない

まっ、今日はしょーがないね。。

お友だちとのおしゃべりに忙しくて写真撮らなかった~

IMG_3021_convert_20120713105744.jpg
絵みくじをひいたら、大吉! イラストがかわいい♪

イラストが書いてあるだけで、大事にとっておこうと思えるから不思議。

絵のチカラ恐るべし。


IMG_3017_convert_20120713105511.jpg

下山後は、念願の「高橋家」で冷やしとろろそばとビール~!!

本当は、ビアマウントというビアガーデンに行きたかったけど、オープンは7月5日でまにあわず。

また次回のおたのしみにします。

友達は、お蕎麦屋さんでお酒飲むのが好きというの。

タダモノではありません。。なんかツウっぽくないですか?

確かにメニューを見ると、地酒やおつまみが載ってる。

厳選されたお酒が多いのよ、とのことなんです。

新発見です!


IMG_3024_convert_20120713105847.jpg
駅でもらったマップ。

下りの1号路は舗装道路で、今日みたいな雨模様で湿ってる日は、すべりそうでかなり恐かった。


IMG_3020_convert_20120713105914.jpg
今日のお土産は 「千代乃家」さんの酒まんじゅう。

家族が大好きな天狗焼きも~。

IMG_3023_convert_20120713105815.jpg
2個目の高尾山山バッジ。今日は天狗さんです♪

ホンモノの天狗さんに会ってみたいな~








2012.07.14 / Top↑
先日たのしく高尾山を登れたのは

ひとえにこの本のおかげです


山登りはじめました めざせ!富士山編山登りはじめました めざせ!富士山編
(2009/06/17)
鈴木ともこ

商品詳細を見る


オールカラーのコミックエッセイで

見どころ、おみやげ、お役立ちグッズ、もちもの、荷物のつめ方など実用的なことから

どうして山に登るようになったのか、山でどんな思いを抱いたのか

山への  が満載の一冊です。

ここで紹介されているのは

高尾山

木曽駒ケ岳

立山

尾瀬・至仏山

鎌倉アルプス

富士山

丹沢・塔ノ岳

どこも一度は行ってみたい山  

多分、上級者の方も楽しく読める本だと思います。

オススメです 


2012.07.05 / Top↑
2012年5月27日(日)

高尾山のつづきです♪

IMG_2965_convert_20120703101352.jpg
山頂からの眺め。 うっすらと富士山が・・見えーん!


IMG_2963_convert_20120704090430.jpg
左に目を向けると、大山とか。。


IMG_2964_convert_20120704090505.jpg
蛭ケ岳や丹沢の山々とかのパノラマ!! 。。。ざっくりですみません


IMG_2973_convert_20120704090712.jpg
これは富士山☆ 私でもわかります



IMG_2968_convert_20120703101429.jpg
高尾山 599mです~

山頂のあまりの人の多さに そそくさと立ち去ります

お昼を食べる場所は決めてるんだ☆

ここから歩くこと10分。

もみじ台まではあまり人が来ないらしい。

わたしのおめあては・・・


IMG_2975_convert_20120703101554.jpg
細田屋さんで~す

ここまで来ると、確かに人が少ない。


IMG_2976_convert_20120703101628.jpg
じゃ~ん! 特大なめこ汁!

おにぎりと一緒にいただきま~す♪

となりのおじさんたちが おいしそうにビール飲んでる。。

いいな~   でもガマン! まだ山を下りなくちゃいけないんだから。

お腹をいっぱいにして、さあ出発!

帰りは「森と水」がテーマの6号路コースを歩きます


IMG_2984_convert_20120703101843.jpg
こんな沢も歩けて楽しい♪

人が多いから、一列になって、前の人についていく感じで下りていきました。


IMG_2988_convert_20120704090902.jpg
びわ滝 ここまで来るともう一息


IMG_2979_convert_20120703101705.jpg
数少ないお花さん♪ シャガ
今の時期は、セッコクが咲き始めるらしいのですが、よくわかりませんでした。

木の上の方に咲いてるとか。


IMG_2981_convert_20120703101810.jpg
かわいいな~  なんていうお花だろう? どなたか教えて~


IMG_2993_convert_20120703102020.jpg
そして最後は おみやげ♪

天狗焼き は、黒豆のあんが甘すぎず上品な味わいでとってもおいしい♪

人気の一品ですよ。

ケーブルカー高尾山駅近くで売ってます。 けっこう並ぶのだ。


IMG_2996_convert_20120703102051.jpg
記念の初バッジゲット☆ これ、買いたかったんだ~ 

初めて登った三浦富士では低すぎて?売ってなかった。

これから登るたびに買って集めるんだ☆


さすがに人気の高尾山だけあって、コースも色々用意されていて

お手軽にも本格的にも楽しめる山でした。

外国の方も多くて、Tシャツに短パン、サンダルで登ってたり

子ども達からお年寄りまで気軽に楽しんでた。

今回はお腹の調子が悪くて、権現力ソフトクリームを食べ損なったから

次に来るときは絶対食べよう!と誓ったのでした。

おしまい


【高尾山口駅から1号路】~【高尾山山頂】~【もみじ台】~【6号路で下山】 行きはケーブル使って1時間。

帰りは1時間30分
2012.07.04 / Top↑
2012年5月27日(日)  *さかのぼって書いてます

怒涛のように過ぎ去った6月。やっと落ち着きました。

っってなわけで、高尾山に行ってきたどーー!レポです。

高尾山は登山道がいくつもあって、今日は 

【王道1号路】~【高尾山山頂】~【もみじ台】~【6号路で下山】コースを歩きます。

IMG_2924_convert_20120601102629.jpg
まずは、高尾山の玄関。ケーブルカー&リフト乗り場。

実は初めてのひとり登山。

なにげに緊張したのか、むかう電車の中でお腹が痛くてグルグル鳴ってたの

私にしては、チョー珍しいことで自分でビックリ!!

ここは無理せずに行こうと思い、ケーブルカーを楽しむことにしました

IMG_2991_convert_20120601105312_20120703103006.jpg
こんな斜めってるのよ。

斜度31.18度。日本一とのことで、つかまらないと立ってられないくらい。

IMG_2931_convert_20120601104355.jpg
高尾山駅について、舗装された道をてくてく歩いていくと、最初のパワースポット

ひっぱり蛸さんですぅ~

みんな 頭なでたり、ひっぱったりしてたよ

IMG_2932_convert_20120601104503.jpg
高尾山薬王院への入り口 浄心門「霊気満山」って書いてあります

霊気に満ちてる山か~ と、おごそかな気持ちになり、しばし気合??を入れて入山!

IMG_2946_convert_20120601105101.jpg
ふたつめのパワースポット 六根清浄石車

高尾山内をぐるぐる歩き、境内の六根清浄石車をぐるぐる回し、日々の生活で汚れてしまった

六根(眼耳鼻舌)を清浄にしましょう。

悪いものは高尾山に置いていって頂いて、清らかな気持ちで、日々の生活を過ごしください。

石車は「懺悔懺悔六根清浄」と唱えながら回しましょう。   ~高尾山薬王院HPより~


IMG_2947_convert_20120703100333.jpg
天狗様でございます~~

天狗様って羽根がはえているのね。知らなかった。

IMG_2950_convert_20120703100539.jpg
なんてったって天狗のお山だもの。

こんな看板があっても不思議ではないよね。 天狗様に遭遇してみたい!!

IMG_2949_convert_20120703100502.jpg
次なるパワースポット  願叶輪潜(ねがいかなうわくぐり)

願いをとなえながらくぐるのです!

長打の列でくぐれませんでしたぁ

IMG_2954_convert_20120703100842.jpg
こちらは御本堂の烏天狗さま。

修行中の天狗さまはお鼻が短いのだ!

IMG_2956_convert_20120703100918.jpg
絢爛豪華な御本社。

御本堂と御本社は別ものなんです。

IMG_2959_convert_20120703101041.jpg
薬王院を過ぎると、舗装道路が終わり、ようやく山道らしくなります・・・がっ!!

ひと・人・ヒトの嵐

ミシュランで★★★もらってから、すごい混雑してるとは聞いてましたが・・

IMG_2961_convert_20120703101125.jpg
山頂も人だらけ~~

つづく・・
2012.07.03 / Top↑
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。